「イルカの日」の作家、死去

趣味・創作

ロベール・メルル氏(フランスの作家)27日、パリ郊外マルメゾンの自宅で心不全のため死去、95歳。

「イルカの日」と言えば、戦争中のイルカ爆弾を描いた、悲しくも美しいメロディーを持ったオリジナルサウンドトラックとともに大ヒットした作品。
その作品の原作者が亡くなったそうだ。