2013
02.15

インストールする前に「人気アプリ、LINEを安全に利用するために」とは?

IT・家電


LINE CHARACTER ブラウン M

トレンドマイクロのサイトに僕の嫌う(笑)、LINEと言う便利なツールについての安全に関する発表があった。Facebook、Twitterに関しては、そのマナーについての記述がされたことがあったが、今回はソフトウェアの持つ安全性についての記述だ。

人気アプリ、LINEを安全に利用するために

(Via トレンドマイクロhttp://is702.jp/column/1266/.)

今回のトレンドマイクロの発表の詳細については、先のリンク先を見ていただければ良いので、僕の方からは要点をまとめてみた。

利用前には、アドレス帳の送信に注意

LINE1

LINEは、利用者自身の電話番号や友人の電話番号を含む携帯の中にあるアドレス帳をLINEのサーバに送り(アップロード)、他の登録者と照合することで、「友だち」や「知り合いかも?」と表示される仕組みです。
このため、アプリをインストールする際に表示される「アドレス帳を利用する」を選択すると、アドレス帳に登録した全てのデータがサーバに送信されてしまいます。仕事上の大切な関係者、あなたの親戚一同、行きつけの店のママ、誰にも秘密な愛人、等々、プライベートを知られたくない人と「友だち」になってしまうこともあるのです。面倒だけれども、個別に友だち登録をした方が安心だ。LINEでやりとりをする人だけを登録すると言うことが大切なのだろう。


「アドレス帳を利用してLINEを使っている友だちを探しますか?」

と聞かれたら?

「今は利用しない」

と答える。

意図しない「友だち」の広がりを防ぐ

利用中に、アドレス帳に登録した人を自動的に「友だち」に追加する機能(「友だち自動追加」)、相手が自分の電話番号をアドレス帳に登録していると自動的に「友だち」に追加する機能(「友だちへの追加を許可」)には注意しましょう。先に書いたインストール時にアドレス帳を全てアップロードしてしまうとは別に、自分がアドレス帳に新しい友達を追加する旅に勝手にその情報がLINE側にアップロードされたり、友達がLINEを使っていて自分(あなた)のアドレスが勝手にアップロードされる機能なので、少なくとも2つ目の「友だちへの追加を許可」設定はオフにしておくことをおすすめします。「なんで勝手に私のことがLINEに載ってるのよ!」と言われないためにも。

■友達自動(勝手に)を追加しない/されない設定

LINE2
設定画面の中に、友達を自動的に、いや勝手に追加したり追加されないようにする機能がある。これを「自分側」の設定でできるのは不幸中の幸いだ。この「友だち自動追加」の設定の中で先に書いた、アドレス帳の勝手なアップロードを防げるようになります。(はずです)

○あなたが勝手に友達をLINEに登録しない方法

LINE3

○友達に自分(あなた)をLINEに勝手に登録されない方法

LINE3

他にも先の設定画面の中の、「プライバー管理」設定でIDによる登録や、QRコードによる登録をオン、オフ出来るので見ておくようにして下さい。

保護者は子どもの利用に注意を

[株式会社インプレスR&D「ソーシャルメディア調査報告書2012」]によると、LINEは、10代20代の若い世代で多く利用されている。
LINEの内部では個人は、IDと呼ぶ半角英数から出来ている識別子が元になっています。つまり、本来は「名前」や「電話番号」という個人を特定できる情報で判別されるべきものがIDと呼ばれるコードでもやり取りが出来る、情報を渡すことが出来る、勝手に誰かわからずに使われる「可能性」があるわけです。
トレンドマイクロでは、実際こうした機能が悪用され、未成年者が被害に遭うケースも確認されていると書いてあります。なので、子供がLINEを利用されている場合には、設定でID検索できないようにする(「IDの検索を許可」をオフにする)、もしくはそもそもIDは設定しないことを強くすすめている。また、逆に知らない人からメッセージが届いた場合には、特定の相手からのメッセージを遮断できる「ブロック」機能を使うようにと、すすめている。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。