「宇宙戦艦ヤマト」が20年ぶりに復活

テレビ・芸能

基本構想では、時代設定が前作から約20年たった西暦2222年。宇宙を移動するブラックホールが半年後には地球をのみ込むことが分かり、全人類が2万7000光年離れた星に移住することを決定。移民船団がその星に向かう途中、一帯の惑星を植民地支配する大国の軍隊から攻撃を受け、ヤマトが反撃をする――という内容だ。

今回の主役は古代進艦長のようだ。しかし、アニメの方はよいとして、声優の方は、既にこの世にいない、名声優「富山敬」氏だった。今回のキャスティングは誰になるのだろうか。
あと、気になるのは今回のプロジェクトは地球脱出と言うことだ。過去の作品で地球は幾度となく危機を乗り越えてきた。今回、ブラックホールの接近でいきなり地球脱出を計画するわけだが、僕の読みでは最終的には何かのシステム?を使い、ブラックホールによるトラブルを解消して、地球に戻ってきてハッピーエンドだと思う。
やっぱり地球無くして宇宙戦艦ヤマトは語れないと思う。