「I Love You」を手話で表現する形のアクセサリー人気

日記

手話をアクセサリーで表現したアクセサリーに人気が出ている。アクセサリーは動作しないので単語的な形になると思うのだが、「アイラブユー」を手話で表現するのは一つの形でよいようだ。
手話は基本的に聴覚障害者のためにあるものだが、距離が離れていても意志を伝えられるので、昔、友達が友達同士で利用していたものもいた。
また、国によっても手話の形は異なるので、アメリカ人の会話しようと思うと、日本語の手話を英語の手話に翻訳する必要もある。

手話アクセサリー人気、「アイラブユー」を形に(読売新聞) – goo ニュース

東京・目黒区聴力障害者協会の会員らが付け始めたところ、口コミで評判となり、協会関係者は「思いがけないヒット商品になった」と顔をほころばせている。アクセサリーは、親指と人さし指、小指を立て、中指と薬指を内側に折り曲げた形で、手話で「アイラブユー」を意味する。