「LINEによる個人情報漏れは大丈夫?」のユーザーの声にLINE株式会社が回答

 僕のサイトでは申し訳ないが、世界で1億5000万人の利用者が超えたLINEを否定し続けている。何せ自分からでは無く他人から僕の個人情報が漏洩する仕組みを持ち続けているからだ。そのLINEが個人情報漏れについて回答している記事を見つけたのでクリップしておく。

 雑誌からの個人情報漏れに対する質問への回答で以下の内容が記述されている。

「知らない人からのメッセージが届いた」「勝手に友だち追加された」などから、個人情報漏れ?との心配もある。

 LINEの金子智美さんは、心配なかたは知人とのやり取りに限定しては?と提案する。

「ポイントは3つ。1[友だち自動追加]をオフ、2[友だちへの追加を許可]をオフ、3[ID検索を許可]をオフ。これらは、アプリの[その他]の項目の[設定]から、操作ができます」

 使いはじめるときは、初期設定で[アドレス帳情報を送信しない]を選ぶとより安心だ。

 上記の内容からだと、やはり未だに注意しないままLINEを使い始めると自分の情報はおろか友人の情報もLINE側に筒抜けになる仕様のようだ。だから、嫌なんですよね。否定的でネガティブな語り口でごめんなさいね。

 僕の使っているiPhone+Facebookでも、自分のアドレス情報をシームレスに利用することは可能だ。しかし、その方法はiPhone内の個人アドレス帳をFacebook側に送信するのでは無く、Facebookを利用して友人と会話するなどの際にiPhone内のアドレス帳を使って送ることが出来るというものだ。しかも、そのアドレスはFacebook側のアドレスであり、個人が利用しているリアルなメルアドでは無い。

 さて、上記の通りLINEが紹介した個人情報をLINE側に送信しない方法だが、最初の登録時に個人の携帯番号では無くFacebookのアカウントを持っているのであれば、そちらを使う方が安全だ。僕はLINEを使っていないので、LINEの情報サイトからの方法を転記しておくよ。

ここが肝!

LINEに登録する際、電話番号の「番号認証」か、「Facebookでの認証」のどちらかを選びます。
「番号認証」を選んだ場合、自分の電話番号が自動的にLINEのデーターベースに登録されます。

NewImage 

 相手のアドレス帳に自分の電話番号があると、自動的に「友だち」候補として表示されます。
自分のアドレス帳から削除した人でも、相手側に電話番号が残っていると表示されてしまいます。

「あなたの電話番号を登録している相手は自動的にあなたを友だち登録する」という事なので、こちらもオフにしておきましょう。

LINEを辞める際に、アカウントを削除するにはLINEアプリを削除するだけではダメです。LINEアプリの中の「プロフィール設定」から「アカウントの削除」をしてからアプリを削除しましょう。

コメント

WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com