2005
06.01

ひらかたパークの「ひらかた大菊人形」が今年で終わり

日記

京阪電鉄(大阪市)は1日までに、大阪府枚方市の遊園地「ひらかたパーク」で毎年秋に開いてきた「ひらかた大菊人形」展を、今年秋で打ち切ることを決めた。職人の後継者難が最大の理由。明治から95年、終戦前後を除き続いてきた歴史の幕を閉じる。

 職人さんが育たず、最後の職人さんが今年で引退するために、有名な菊人形展の1つが姿を消すことになった。ひらかたパークの菊人形展は、物心つき始めの子供の頃に行った記憶があります。当時は菊の上に生首が乗っかっているようで恐怖を憶えたような?なぜだか、犬神家の一族を思い出します。
 それ以来、観に行っていないくらいだから職人さんもやる気が無くなってしまうのでしょうかね。皆さんは何か思い出がありますか?