アップルがアップルの唄を売る

テレビ・芸能

 ということで、アップルコンピュータは、アップルのビートルズの楽曲を販売することが可能となるようだ。まあ、個人的には同じアップルが仲良くなってくれたほうが、気持ちが良いわけで。iPod/iTunesが出て依頼、どこでどう非難や、競合が出てきても使い続けてきてよかった。しかしながら、周りの友人は、nanoを買ったりvideoバージョンを買ったりと、どんどん進化している。僕が買うと、新しいバージョンが出てくるというジンクスもまた続いている。

Apple beats Beatles | Reg Hardware

Apple vs Apple Beatles recording company Apple Corporation has failed to persuade the English High Court that Apple Computer’s iTunes Music Service is a violation of a 1991 deal struck by the two companies to define their respective business domains.

アップル、対ビートルズ訴訟で勝利–「ハードディスクはCDとは別物」と判事 – CNET Japan

そして、この問題をめぐってApple ComputerとThe Beatlesの楽曲を管理するApple Corpsが争っていた裁判で、判事は結局Apple Computer側に優位な判決を下した。法律の専門家らは、英国時間8日にApple ComputerがApple Corpsに対して勝利を収めたことについて、1991年に両社が交わした合意の内容に対する判事の解釈によるものだと述べている。この合意書では、Apple Computerが楽曲をテープやCDなどの物理メディアに収めて配布することが禁じられていた。