2013
12.25

インセプション

映画

1回観ただけじゃ完全に理解できんぞ・・・。

シャッターアイランドに続いて、女性で苦悩し続ける?
レオさん登場です。

久々にぶっ飛び級の面白さです。今回は話がややこしそうだったので初めから吹き替え版で鑑賞。渡辺謙さんは本人の吹き替えで全く違和感なし。
むしろ吹き替えのほうがオススメかも。

相手の夢のなかに潜入して、情報を引き出す。
さらに相手の夢の中に、ある種の情報(種)を埋め込む。それを本人は自分の意思となんら疑わないが、実は他人がしかけたもの。これを仕掛けることをインセプションというらしい。非常に高度な技術や経験が必要だそうな。

相手の夢の中へ潜っていき、さらにその夢の中で夢の中に潜っていき、さらにその・・・。だんだんわからんようになってくる。

夢の世界をデザインすることができたり。なんか怪しいそうな機械を接続(これの説明あったか?)して夢に入ったり、夢の中で死んだら現実にもどる(起きる)だったり。ぜんぜんわからなくなるまえに、あぁなるほどという部分があったり、いろんな仕掛け・仕組みをうまく使って微妙に現実・夢を行き来する不思議な感覚が面白さを倍増させる(ほとんど夢ですけど)。

ラストも、『おお!』って感じのいい余韻です。

面白さはとうてい説明できないので、すでに発売済のDVDで体験を!

無重力的な場面って基本はワイヤーで釣って、背景はCGなどじゃないそうです。どうすればあんな場面になる?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。