2004
06.14

オリックスと近鉄が合弁し近鉄消滅か

スポーツ

球界、激震!。近鉄の山口昌紀本社社長(68)は13日、大阪市内で記者会見し、近鉄とオリックスを合併させることで基本合意したと発表した。同社長は「回収の見込みのない経営資源投入は無理」と経営難が理由であると説明。

球団が合併するなんて事があるんですね。野球界全体でフォローしていくものだと思ったのですが、確かにずっと昔の過去には球団消滅や再編成は行われたわけで、もし、セリーグ、パリークが統廃合されることがあれば、歴史的な出来事でしょうね。
人気のないチームは消滅するというストーリーが成立するとお金を持っていて有名選手をたくさん入れられる球団が強くなると言うどこかで聞いたことがある話が更に加速しないのだろうか。

近鉄球団の親会社の近畿日本鉄道の山口昌紀社長などが、13日、記者会見し、近鉄・オリックスの両球団が今シーズンの終了後を目標に合併の話し合いを進めていることを公式に明らかにしました。

さてさて、どうなることですかね。(2004/06/14)