サラリーマンが高額納税者番付の1位に!

日記

国税庁は16日、2004年分の確定申告で所得税額が1000万円を超えた高額納税者を全国の税務署で公示、上位100人を公表した。トップは約36億9000万円を納税した東京都内の投資顧問会社部長の清原達郎さん(46)。企業経営者ではなく、サラリーマンが1位となるのは、現行の税額表示になった1983年分の公示以降初めて。

サラリーマンが一人で100億も稼ぐ時代になりましたか。会社レベルで稼ぐという意味では、でっかいプロジェクトもあるのでしょうから、中にはあると思いますが、サラリーマンが長者番付のトップを飾る時代が来るとは思わなかった。
普通、長者番付というのは夢の世界で、スポーツ選手やエンターテイメント人の領域だと信じていました。サラリーマンでも頑張れば、と言うことも視野にはいるようになったのかな。
トヨタの勢いが止まらないようですが、トヨタの営業トップの方でどれくらい稼いでいらっしゃるのでしょうね。僕も頑張ってみたいなあ~。でも、もし100億も稼いだら、翌年からは、もういいやって思うだろうな。


(2005.05.18)
他にも芸能関係で関連情報があったので、引っ張っておく。

国税庁は16日に全国の税務署で高額納税者上位100人を公表した。歌手の宇多田ヒカル(22)が全国高額納税者番付に75位で、芸能界から唯一のランクイン。2年ぶりの番付入りで納税額は3億6595万円、前年の1億6873万円から大幅アップした。

自称「負け犬女」の代表だった女優の杉田かおる(40)が「負け犬長者」になった。納税額は約1728万円で、推定所得は5343万円。今年1月、日産グループ創始者の孫で投資会社「テクノベンチャー」の鮎川純太社長(44)と“超セレブ婚”。世間をあっと言わせた杉田だが、これで名実ともに「勝ち組」への転身を証明した格好だ。

国税庁は16日に全国の税務署で高額納税者上位100人を公表。タレントの島田紳助(49)が、大阪国税局管内(近畿2府4県)の「芸能関係者部門」でトップに躍り出た。