サーブが飲酒運転できないキー

日記

アルコールとキーを組み合わせて「アルコキー」と名づけた。車のかぎを回してエンジンをかける際、かぎの部分についた細い管に息を吹きかけてもらう。問題がなければ緑色の信号がつくが、違法な量の酒気を関知したら赤色の信号がつき、エンジンがかからなくなるという。