シグマの4600万画素「SIGMA SD1」

Canonが最先端だと思っていたが発売日未発表と言いながらもすごいのが出て来たね。解像度だけじゃないよとかって言わないでね。単純にそこに反応してしまったので。僕のデジイチは1000万画素だから、その4倍位以上の解像度。印刷したらその差は歴然だろうね。

実は僕はここ最近よっぽどの事がないと写真を印刷しなくなったな。両親や友人にあげる時くらいだ。友人にあげる時にもCDやDVDで渡す事が多くなって来た。その際には画面で鑑賞するサイズに落とすことが多い。となると、そんなに大きな解像度のカメラがいるのか?となるが、これが必要なんだなあ。

詳しい技術的な事は他のサイトを見つけてもらうとして(笑)、必要なサイズを機能目一杯で撮影された物より余裕をもって撮影した画像をスケールダウンする方が確実に綺麗だ。スケールダウンするソフトが元の画像から、綺麗な部分を選択して小さくしてくれているかの様に、綺麗にしてくれる。そんな感じ。

と言う事でこのカメラにキョウミシンシン。

シグマ、4600万画素のフラグシップ「SIGMA SD1」開発発表
Google アラート – 開発 OR 公開 OR オープン OR サービス
シグマが同社デジタル一眼レフのフラグシップ「SIGMA SD1」の開発発表を行った。24×16ミリ/4800×3200×3層、4600万画素の新撮像素子を搭載する。 シグマは9月21日、同社デジタル一眼レフのフラグシップとなる「SIGMA SD1」の開発発表を行った。 SD1は新開発のAPS-C …
このトピックに関する記事をすべて表示する »
ITmedia

シグマ、4600万画素のフラグシップ「SIGMA SD1」開発発表
シグマが同社デジタル一眼レフのフラグシップ「SIGMA SD1」の開発発表を行った。24×16ミリ/4800×3200×3層、4600万画素の新撮像素子を搭載する。

コメント

WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com