2013
07.24

シャーロック・ホームズ

映画

えーっとぉ、これはあのホームズとは違うんですよねぇ?

シャーロック・ホームズはジュブナイル版しか読んだ記憶がないので思い入れはないのですが、アクションたっぷりの武闘派ホームズになっちゃてます。(勝手に)いままで持っているホームズ像に当てはまらないので絶えず戸惑いながら鑑賞という結果に。

熱狂的なファンのいる原作は、イメージ違って否定派とこんなのもありかもの肯定派に分かれるんですが本作はどうなんでしょう。

随所で展開される理論的な推理などもそれなりに納得、ストーリーも練られた脚本(原作の一エピソードの映画化ではない様子)ではあるのですが、な~んかしっくりきませんでした。同じみの登場人物も顔をそろえますが、キャラの描きかたが違うんだろうなぁ。

で、パンフレットは細かいとこまで書きすぎ。鑑賞前に読まないこと。最近多いよね、ストーリの後半近くまで記載さているのが・・・。○○○○○○のことが書いてある。。。。

個人的にはホームズではなく別のキャラクタとして撮ったほうがすんなり受け入れられて面白かったのかも。イメージ持って映画みるもの時によってはマイナスかもね。映画的には面白いです。きっと面白いんだ。面白いに違いない。。。。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。