ショッピングカート特許

日記

複数のショップにまたがる決済を一括して行なうシステムについての特許。ショッピングカート特許と称される特許は2つある。ひとつはOpen Market社による、決済サーバと販売者サーバの間の暗号化通信などに関する特許(U.S. Patent 5,715,314/1998年3月成立)である。

今日は一日、システム開発における勉強会を聞いていたのですが、その中で、「ショッピングカートは特許がとられています。」という、話が出たので調べてみると、確かに複数のショッピングカートの決済を一発で行う処理について特許がとられているようだ。

通常の単一のショップでいろんな商品を購入して購入する場合には関係ないが、モールのようなサイトであれもこれも、たとえば引っ越し用商品をいろんなカテゴリの店で購入した際には影響を受けそうですね複数の店」というのは「株式会社」などの単位で違う場合だろうか。東急ハンズのようにいろんなカテゴリーが一つの店としてある場合には大丈夫なのかな。とかいろいろ考えます。仕入れ先が違っても、店として一つなら良いのかな。