2010
11.04

スパコンは一位である必要があるのか?

IT・家電, 政治

蓮舫氏の発言をまたまた思い出してしまいそうな記事の内容だった。あちらは開発側の話だがこちらは使う方の話。IBMのスーパーコンピュータの貸し出しサービス。最近流行りのクラウド・サービスなので、スパコンのある場所に向かう事なく利用が可能。
計算能力の貸し出し。

CPUの貸し出しと言ってもセキュリティの問題で海外のクラウドを利用出来ない企業も今回のハードウェアは日本国内のデータセンターを利用するそうなので安心して使えるそうだ。

こうしてCPUを貸し出しで使う方法としては以前からレンタルサーバーがある。バックアップも冗長性も自分で考える必要がなくお金の積み次第で機能が選べる。スパコンの場合はCPUの能力そのものが必要なのでレンタルサーバーの様に共有(仮想サーバー)では困るし、実際借りたスパコンが定量的に能力をこなしているか、前回と同様の能力なのか、それがわかる様になっていれば良いけれどねえ。

IBMがスパコンのクラウドサービス、月額料金で計算能力を貸し出し
Google アラート – 開発 OR 公開 OR オープン OR サービス
日本IBMは2010年11月2日、IaaS(Infrastructure as a Service)「IBM Computing on Demand」(IBM CoD)において、GPGPU(汎用グラフィックスプロセッサ)によるHPC(スーパーコンピュータ)環境の貸し出しサービスを開始した。最短1カ月間の利用が可能だ。 …
http://www.nikkei.com/tech/trend/article/g%3D96958A9C93819499E2E0E2E09A8DE2E0E3E3E0E2E3E2E2E2E2E2E2E2%3Bp%3D9694E0E7E2E6E0E2E3E2E2E0E2E0&ct=ga&cad=:s1:f1:v1:d2:i0:lt:e0:p0:t1288822245:&cd=p80sTkip_ko&usg=AFQjCNGQjR4MZ6Xuqu-mL5NMZ40vgdygZg

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。