2010
05.02

ドラマ「東京リトル・ラブ」は全編「EOS 5D MarkII」で作られる

IT・家電

昨今の一眼レフの性能が凄いのか、テレビの解像度はさほど高くないのか。静止画が主な機能である一眼レフカメラを使って全編ドラマが撮影されているとは。一番すごいのはその撮影したデータを保存できる容量にまで発達してきたメモリーデバイスのおかげか?このカメラはレンズと合わせて40万程度のもの。個人でも頑張れば購入できそうだ(ちょっと苦しいか?)。

もちろん動画撮影はフルHD画質(1920×1080ピクセル、30fps)が可能。ただし、連続撮影は30分か、もしくは4GBまでで一度止まる。テレビドラマであれば問題ないだろうな。

26日よりスタートした連続ドラマ『東京リトル・ラブ』では、地上波で放送される連続ドラマとしては初めて、ドラマ全編を「EOS 5D MarkII」で撮影。同社では「デジタル一眼レフならではの、多彩なレンズで撮影されたボケ味の美しい映像が随所に登場する」としている。

引用元: 「EOS 5D MarkII」で全編撮影! フジテレビ系列連続ドラマがスタート | 家電 | マイコミジャーナル.

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。