ファイザーが日本で後発医薬品(ジェネリック医薬品)に参入

日記

「 ジェネリック」と呼ばれる他社で特許を取得されている医薬品を別の会社が作ったものを「後発医薬品」と言うのだそうな。対外は、特許権が消滅してから別の会社で開発されたものが多いので、「安い薬」という事になる。バファリンの別の薬品とかもあるよね。知識として「後発医薬品」というのをクリップしておきたかった。

薬と言えば、僕は飲むのがとても得意である。大きいものでも量が多くても、水でぐっと飲める。あまりほめられた事ではないね。粉薬も困らないので自分としては良かった事ではある。

製薬世界最大手の米ファイザーの日本法人は1日、日本で後発医薬品(ジェネリック医薬品)市場に来年以降参入すると発表した。後発薬は特許が切れた新薬と同じ成分で価格が割安なことから、日本市場の成長が見込まれるためだ。 [引用元 速報/ファイザー、日本で後発医薬品に参入へ – FujiSankei Business i./Bloomberg GLOBAL FINANCE]