2005
05.10

フリーター→正社員対策、ハローワークに専用窓口

日記

全国で200万人を超えるとされるフリーターを減らすため、厚生労働省は、正社員の職を探すフリーター専用の窓口を、10日から順次、全国のハローワーク(公共職業安定所)に設ける。予約制の個別相談で、同じ担当職員が相談から職業紹介、就職後の助言までを担い、きめ細かに対応する。

フリーターでは、継続した技術を培うことが難しく、日本の将来の産業そのもののあり方を心配する政府の対応らしい。
確かにここ最近はフリーターが増えているようだが、そもそも職がないのも事実だと思う。東京などの大都市では良いとして、みんながみんな、大学から東京進出していくわけではないので、相談窓口が出来たとして、それに見合った雇用条件はそろってきているのであろうか?