2013
10.16

プリンス・オブ・ペルシャ 時間の砂

映画

地球大氷河期の危機を生き延びた青年はこんなにりっぱになりましたよ。

 

古代ペルシャ帝国は、敵国への武器密売との情報を得て聖都アラムート制圧する。また、アラムートの王女タミーナは第3王子であるダルタンの妻となる条件をのむ。勝利の宴では、彼が送った衣を王が羽織った瞬間にあらかじめ塗られていた毒で絶命する(う~ん。どんな毒や)。 ダルタンはだれかにはめられ、タミーナとともに逃げ出し、真実を探しだそうとする。 ダルタンが戦利品として入手した短剣は実は時間を過去に戻すことができる≪時間の砂≫を柄に収めていた。国王である父を殺害した人物はだれか?≪時間の砂≫を手に入れることはどういうことか?・・・。

冒険活劇アクションエンタテインメント。

予告編だけであまり内容確認せずにとりあえず劇場へ。 で、大当たり。単純明快なストーリー、怪しそうな人物はやっぱり怪しいし、主人公は絶対にやられない、見てて安心ストーリーであるが、ワクワク感も最後まで継続し飽きることない。大傑作ではないけど、それなりに満足します(CG依存多いけどなぁ・・・)。

プロデューサーはブラッカイマーした。さすがにそれなりの作品をもってきますな。 『ディ・アフター・トゥモロー』で気象学者の息子であったダルタン役ジェイク・ギレンフォード。最近は少し前の子役・青年役がどんどん話題作に出演してます。パンフを読むと、あーってこともよくある。

劇場公開逃したらDVDで。

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。