プレステ2の中国発売を延期

日記

Associated Pressの記事では、PlayStation 2の高度なコンピュータハードウェアとグラフィック機能の一部が軍事目的に利用される可能性があり、そのため米国及び日本の規制下では、中国への輸出ができなくなる可能性がある、という過去の報道に言及している

中国でのプレステ2発売延期の「理由」がすごいですよね。ゲーム機が軍事目的に流用されるおそれがあるから延期って。。それじゃあ政治背景が変わるまで発売出来ないじゃあないの。
でも中国では今年の旧正月に当たる1月後半?がいろんな商品の販売ピークとなるのでそれをねらっているのでしょうか?

でも。。それでは何も販売状況としては変わらないと思うんだけれどな。


昔使っていたファミコンってアポロの積んでいたコンピュータより性能が上なんですよね。それを考えるとプレステ2なんて、すんごいマシンなんでしょうね。

確かに戦争シュミレーションゲームはなかなかすごいですよね。できあがったゲームはどれもすごいですよね。この技術を使って何かしようと思うと、その技術を盗まないといけないのだけれど、広大な土地と人をもっている中国なら簡単なことなのかな?

それが本当の理由なのかな。それは使い方をどうするかという中国の問題であって、販売には関係ないことだと思うけれど、どこからか圧力がかかるのかな?

  • りんもん

    コメントをありがとうございます。
    ゲーム機がパソコンになるかは非常に微妙な時代になってきましたね。プレステ2の場合、キーボードもHDDもつけられるからパソコンか?と言われればそうですよね。

  • 秀ボー

    80年代の終わりか90年代のはじめに海外旅行(アメリカ)に行く際、パソコンは戦略物資で、海外に持ち出すのはCOCOMの規制にかかわるからとかいう理由で届出をしないといけないと読んだような気がします。その後COCOMはなくなったけど、検索してみると、もう少しゆるい規制は残っているようですね。