2015
01.23

ヤマト運輸がクロネコメール便をやめる理由

ライフスタイル・暮らし

結構多くの人が、この件を書いているが、
信書をクロネコメール便で送ってはならないと言うのが、ヤマト運輸がクロネコメール便をやめる理由。とは言え、信書って何よ?何故、クロネコメール便ではダメなのよ。

「信書」とは?

簡単に言うと「内容が相手を特定している文書」である。手紙もダメだし、証明書や領収書もダメなのです。本やカタログ、CD/DVDも大丈夫。総務省のガイド欄には小難しいことが書いてある。

ややこしいのは、ダイレクトメールの中に相手の名前があるとダメで、書いてなければオッケー。

更にややこしいのが、キャッシュカード、クレジットカードは目的が金銭の支払いなのでオッケー。ポイントカードも本体は文書ではなく、説明書きは相手を特定しないのでオッケー。CD、DVDとか、内容が目視できないものもオッケー。

そして、クロネコメール便が信書を扱っていけない理由は以下の総務省の説明の郵便法のせい。なので、ヤマト運輸に限らず日本郵便株式会社以外はダメなのです。


 我が国では、「郵便の役務をなるべく安い料金で、あまねく、公平に提供する」ため、郵便法により、日本郵便株式会社に郵便サービスの提供を義務づけています。
 また、郵便のユニバーサルサービスの確保に支障を及ぼさないという観点から、手紙やはがきなどの「信書」は、総務大臣の許可を受けた信書便事業者に限って、その送達が認められております。

IMG_0319.JPG

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。