2013
06.19

ラブリー・ボーン

映画

ジェイソン・ボーンの親戚じゃないよ・・・

NewImage

スージー・サーモン 14歳。ちょとした好奇心から変態野郎の餌食にあり、帰らぬひとに。断ち切れない未練、自分のとった行動への後悔、家族への想いなどから、天国でもこっちでもない間の世界(”inbetween”という表現はナイス) でとどまってしまう。

ラブリー・ボーンの原作にどれだけ忠実(で、ある必要はないですが・・)かは不明ですが、本来はかなり陰湿な内容になるであろうところを、それを感じさせることもなく、inbetween の美しいCGも手伝いストーリーは展開します。そもそも犯人は最初からわかっており、殺人描写もほとんどなし。

こんな話は活発で少し生意気的な女の子という設定が多いのなか、犯人への憎しみを全面に出さないようにした(たぶん)ところが正解のような気がする。わが子を失った家族は、いったんはバラバラになってしまうが、実際わが身におこるとどんなものかは想像できないところ。

犯人への仕打ちはちょっとなぁって感じですが、スージーが最後にやり残したこところを実行する部分は、そっちに行くか~って感じです。まぁ納得ですね。この展開も重要なテーマではあるので。

マーク <ハプニング> ウォールバーク、レイチェル<ハムナプトラ>ワイズ、スーザン・サランドンと脇もそれなり。しかし毎回、マークの役柄には”イラっと”くる部分ありますが、それだけ演技がうまい?

好き嫌いあるとおもいますが、なかなかお勧めです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。