2017
01.10

“レイア姫”死去でディズニーに史上最高55億円の保険金

日記, 映画

こういう保険って、どうなの?現在制作中も含めたスターウォーズ・サーガの当初の最終シリーズである、エピソード7,8,9。そこにレイア姫役で登場するキャリー・フィッシャーが出演出来なくなった場合の保険。という事だよね。

で、実際に先日の事が起きたので実際に保険を請求し55億円が支払われる事になったのだそうな。

もしかし、元気なキャストにも保険をかけているのかねえ。

一方で危険なシーンではスタントマンを使い、彼らのために保険をかけたりするよね。映画のCG品質がどんどん進み、危険なシーンはスタントマンではなくCGになったりしたら、保険をかける事も無くなるのかな。

映画『スター・ウォーズ』シリーズでレイア姫を演じてきた女優キャリー・フィッシャーさんが亡くなったことを受けて、同シリーズを手掛けてきた米ディズニーが生命保険金として史上最高額の5,000万ドル(約55億円・1ドル110円計算)を受け取ることになりそうだと保険ニュース専門サイト The Insurance Insider が報じた。

情報源: “レイア姫”死去でディズニーに史上最高55億円の保険金