2013
03.21

一発屋芸人の全盛期月収、あなたは1年間の1億と毎年1000万円のどっちが良い?

テレビ・芸能

 何故か、2011年に集計された一発屋芸人の全盛期の収入について検索が伸びている。現在の一発屋と黙されているのは、スギちゃん、キンタローらだと思う。では、過去において最高に受けていたかは別として、儲けていたのは誰なのか当時の一覧を見てみる。

【一発芸人の月収ランキング / 全盛期と現在の月収】

1位	波田陽区 	全盛期:2800万円	現在:20万円
2位 長州小力   全盛期:2000万円 現在:5万円
3位 長井秀和   全盛期:1800万円 現在:15万円
4位 ムーディ勝山 全盛期:640万円 現在:16万円
5位 ダンディ坂野 全盛期:410万円 現在:22万円
6位 コウメ太夫 全盛期:400万円 現在:900円
7位 さがね正裕 全盛期:260万円 現在:20万円
8位 鉄拳    全盛期:250万円 現在:45万円
9位 KICK☆   全盛期:180万円 現在:4万円
10位 ジョイマン高木 全盛期:150万円 現在:6万円

流石に2011年の頃からの情報だと、今も残ってるのは、パラパラ動画で復活中の鉄拳くらいだろうか。波田陽区は、件名の通りの当時の一発屋芸人として、バラエティ番組にCMに度々出てはいる。波田陽区、長州小力、長井秀和の3人は、1000万円の大台に乗っていたようで、1年稼げば、1億円プレーヤーだね。そのまま貯金とはいかないだろうし、交際費などの出費も多いだろう、その後も頑張らないと食っていけないと言うことだったと思う。小梅太夫については、全盛期よりも今の方が収入が上になっている。これは昇給によるものなのだろうか?しかし、現在が月給一桁というのは、副業でもしているのであろうか?

切腹十連発

新品価格
¥250から
(2013/3/21 12:13時点)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。