2007
08.27

世界陸上、ゲイが男子100mで優勝

スポーツ

“陸上の第11回世界選手権は26日、当地で男子100メートル決勝を行い、タイソン・ゲイ(米国)が9秒85のタイムで初優勝を飾った。”

陸上=世界陸上、ゲイが男子100mで優勝 | スポーツ | Reuters

なんと言っても、「ゲイ」が優勝、という文字に期待感があがる。陸上ファンにとっては何でもないタイトルだが、知らないものにとって「ゲイ」が名前なのか、男性趣味のゲイの意味なのか、わからないから、一瞬どきっとする。
なんて僕だけ?
朝原さんが好調に見えたのでファイナルに出場できると思ったんだけれど、世界の壁は、さらに上を行っているんですね。
高校時代、同級生に10秒台で走るやつがいて、めっちゃ格好良かったけれど、大学に進学したら、10秒台がごろごろしていたそうです。すごい世界ですな。