2008
01.04

南アの男性、ライオンに食べられる

ニュース

心臓の弱い方、ごめんなさい。衝撃的なニュースにびっくり。どんなに慣れていても、自然の動物の本能には勝てないと言うことでしょうね。単独のライオンだったら良かったのかな?9匹のライオンとなると、闘争本能に駆り立てられたら、そのまま突き進んでしまう気がしますね。それにしても、怖い話だ。
「餌」を与えるときは、お腹が空いているんだろうから、絶対に近づいては、だめですよね、ほんとに。
最近、動物園に行ってないな。そもそも、大人だけで動物園に行く姿というのは、想像しにくい。よっぽど時間が余っているとか、気になる動物でも居ないと、足を運ぶことはないな。話がそれていくが、そういえば、僕は未だにパンダを見たことがないな。あの有名なパンダにはテレビを通してとか、本でしか見たことがない。もはや、行列に並ばなくても見ることが出来ると思うが、果たして近くにパンダの居る動物園もない気がする。
レッサーパンダは見たことあるけれどね。

“警察のスポークスマンは「9匹(前後)のライオンが彼を襲い、頭がい骨と背骨を残してすべて食べてしまった。事件は2人の目撃者の目の前で起きた」と話している。”

南アの男性、餌を与えようとしてライオンに食べられる | 世界のこぼれ話 | Reuters