室井佑月の「ホテルのとある風景から」、から

日記

ああ、ちくしょう! 人生って長いよな。こんなに長生きするはずじゃなかったのに

先日より拝見している室井佑月のBLOG。本日は缶詰状態のホテルからの執筆。というのでよいのかな。援助交際をしてるとおぼしき女子学生にエレベーターの中で諭した言葉は、松任谷由実の歌の歌詞的で今時の女子に通じるかどうか不明だと僕は思った(発言の内容から察するには深い)。
というのが、上の引用です。この内容から、今を大事にしなさい、という意味のことを諭しているらしい。しかし、いきなりこんな事を二人っきりのエレベーターでぼそっと言われたら、自分のことだとは思わないよ~。