2005
11.29

小包郵便配達証を3万枚近く紛失

ニュース

 配達証明には住所、氏名、電話番号、内容物が記述されており、もし情報が盗まれたとすると大変困ったことになる。間違って廃棄と言っているが、廃棄というのは焼却?それとも第三者に渡ったのかな?しかし、本当にいろいろと情報漏洩や紛失事件というのは続きますね。これはもう永久に無くならないことでしょうかね。

Yahoo!ニュース – Scan – 大崎郵便局、3万枚近い小包郵便物配達証の紛失が判明

日本郵政公社東京支社は11月16日、大崎郵便局において約2万9千件の小包郵便物配達証が紛失したと発表した。配達証は平成17年3月および4月に配達したもので、倉庫内で1年間保管することになっている。配達証には受取人と差出人の住所、氏名、電話番号、受付日、配達予定日、内容品名、受領印などが記載されていた。同局では誤って廃棄した可能性が高いとしている。