帰宅途中

日記

 今日も帰りの列車の中、書いてます。列車で席に座り、隣のお兄さんは漫画読んでる。と言うか多くの人が本を読んでる。なのに僕はほとんど読まなくなった。元から単行本を読んでいたのは、何十年?も前のことだ。同じ作家の本をずっと読んでいた。でも、長編ではなくて短編やエッセイやドキュメンタリーなものとかだったな。
 その後は仕事柄コンピュータ関連の雑誌を読んだ。ハードウェアからソフトウェアに至るものまで。自分でハードを買ってパソコンを汲み上げたりソフトをいろいろ試したり実践の前に情報収集という感じだった。 それも、いつしかハードもソフトもそろってくると、そういうたぐいの本への興味が薄れ次は電子手帳の本。それもハードがそろうと、今度は移動中に電子手帳を使うようになり、本を読まなくなった。

 なるほど!そういうことか!
 それで、本を読まなくなったのかあ。移動中にも電子手帳やノートパソコンでウェブにつないでニュースや興味のあることが書いてあるHPを検索してのぞいたり。ある意味、忙しいわけだが、以降ずっとこういう状態だ。今では、こうしてモブログするまでに至った。