息子に「@」という名前を付けたかった親

ニュース

Ananova – Father wanted to name son ‘@’

A father in central China has been refused permission to name his son ‘@’.

中国中部の父親は彼の息子に「@」という名前を付けたかったが関係機関である鄭州の職員(湖南省)に受理されなかった。中国の法律では現在、名前について標準中国語に翻訳が出来なければならないという事があります。つまり、「@」を中国語に翻訳できなかったのが致命的だったのであろう。

  • りんもん

    そうですねえ。メールを出すときに、プライベートで出しているのか仕事で出しているのか「名前@そのときの気分」で付けることがあります。
    でも、そういうやり方はしなくなっていますね。

  • 秀ボー

     ぼくがインターネットをはじめたころは、りんもん@ちょっとニュースみたいな名前の人を見かけることが多かったような気がしますが、最近はどうなんでしょう?
     当時は、あなたのインターネット依存度を測りますみたいなアンケート形式の質問に、友達の名前に@が入っている人が多い、という設問がありました。(笑)