2006
12.04

携帯を別会社に変えた後のおサイフケイタイお引越し

IT・家電

携帯電場のナンバーポータビリティーのおかげで、電話番号を変えずにキャリアを変更できるようになった。非常に便利だけれど、簡単には移行できないことがあるよというお話。
まずは、メルアド。携帯のメルアドは、ID部分はキャリア毎に重なっていなければ、いろんな名前が使える。この部分はキャリアの移行後も重なっていなければ使えるが、問題なのはキャリア名部分。
○○○@docomo.ne.jp, ○○○@ezweb.ne.jpのように「@」の後ろが携帯キャリア毎に異なるから、その部分は最低でも変わる事になる。
また、今回の表題の通り、最近はオサイフ携帯なる機能が付いているが、これは携帯の内部に内蔵されているICチップにその識別があるため、別のキャリアで利用する場合には現行では、そのような部分が移行されず、自分で実施する必要がある。

「モバイルSuica」は大丈夫?、おサイフケータイのアプリの“お引越し” – ニュース – nikkei BPnet

携帯電話番号ポータビリティ(MNP)で新しい携帯電話会社に乗り換えた後、まずやらなければならないのは、データのお引越しだ。アドレス帳などは、MNPの際にショップにお願いすれば、その場でデータを移し変えてもらうこともできるが、おサイフケータイのアプリはそう簡単にはいかない。なぜなら、おサイフケータイのデータは、「FeliCa」というICチップの特別な部分に保存されているからだ。