2010
04.02

新しい『スパイダーマン』は全てがリセット

映画

主役のトビー・マグワイア、監督のサム・ライミらが降板する新しいスパイダーマンは3Dによる新しいストーリーになるらしい。

しかし、ここまで盛り上がったイメージは2002年から始まったという短いスパンでやってしまったら観客の方は引いてしまわないのかな。アバターでの3Dはすごかったが、あの「メガネ」を毎回つけるとなると、開いた口は、開いたままかもしれないよ。

映画館と自宅でのDVDとの違いである3Dの期間は長くなると思っていたが、2010年は自宅のテレビも3D元年になると言われている。あのソニーのBRAVIAも海外向けには既に3Dテレビが登場質得るしね。

さて、どうなりますか?!

大ヒット映画『スパイダーマン』のシリーズ4作目にあたる作品は、続編ではなくシリーズを再起動させる新章になることが正式に発表され、シリーズを通してメガホンを取ってきたサム・ライミ監督やスパイダーマン役のトビー・マグワイアまでも降板することが先日明らかになった。 [引用元 新しい『スパイダーマン』の監督、第一候補は『(500)日のサマー』のマーク・ウェブ – シネマトゥデイ]

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。