新しいMicrosoft Updateではライセンス確認が必要

IT・家電

マイクロソフト、アップデータを一括提供する「Microsoft Update」

なお、Microsoft Updateを利用するには、Windows Genuine Advantageプログラムによるライセンスの確認が必要となる。

 今までのWindows Updateとは別に、Microsoft Updateが登場した。今までのものはOSに特化したUpdateで、それにまつわるInternet Explorerやメディアプレーヤーは含まれていたが、オフィース製品は別のURLからのUpdateが必要だったが、この新しいMicrosoft Updateはそれらを統合したものだ。現時点では意識的に該当サイトに行く必要がある。また対応OSは、Windows 2000/XP、Windows Server 2003、Office XP/2003、Exchange 2000 Server、Exchange Server 2003、SQL Server 2000(SP4)だそうな。
 また、「ライセンスの確認」がされるので、ご注意を!(何故?笑)