新型「インプレッサ S203」はなんと320馬力

日記

ハイパワー仕様に改造、320馬力の「インプレッサ S203」 – nikkeibp.jp – 注目のニュース

エンジンはEJ20・水平対向4気筒DOHC。排気総量は1994cc。最高出力はベース車から29kW向上し、235kW(320PS)/6400rpmとした。最大トルクは10N・m向上し、422N・m(43.0kg・m)/4400rpm。

車の馬力のMAXは280馬力までで制限がかかっているものと思った。ワールドワイドのページに乗っかっているので逆輸入?そんなことはないよね。280馬力がMAXというのはかなり前の話だから、今はゆるんだのかな?
国内のS203のHP
でも、日本のページでも同車は掲載しているなあ。
ま、そんなことはどうでも良いか。このSUBARUのHPは気合いが入っているねえ。何しろ、1024×768では、画面からはみ出そうなくらい、でかい。NISSANはどちらかというと、「おとな」の車にシフトしている気がする。最近はね。
三菱はいろいろな事情から、あまりCM的なことは今ないし。HONDAも家族をテーマにしているし、となるとSUBARUが元気良いのかな。そのあたり、どうなの?