新宿ねぎしの新商品「牛和風たれ焼定食」

日記


ちょっと遅くなったが、新宿ねぎしの新商品を食べてきた。
牛肉に甘辛い醤油のたれが付いている。出てきたときには、じゅうじゅうな感じで、たれが周りに飛び散らないように、紙で覆われて出てくる。
「いつ取って良いの?」「たれが跳ねなくなったら、取ってお食べください」
すごく当たり前の返答だが、すぐに食べたいのを我慢して待つ。といっても1分も待たずに跳ねなくなるので、おもむろに紙を取って食べる。
4月の終わりまでは、期間限定で1000円が950円である。50円の安さがどうと言うこともない気がするが、ちょっと得した気分。
さて、その味だが、「うまい~~」である。たれがなかなか良いでないの!
今までに食べたことがない味だ。よく考えられている気がする。紙の演出にはだまされない、おいしさだった。僕的にはかなり気に入った。3月の初めに食べたが、また食べたいと思っている。