2011
07.31

旅客機が着陸失敗で機体が割れる

ニュース

機体が墜落し、機体が2つに割れたにもかかわらず重傷者が4人で済んだのは奇跡だね。

写真があるけれど、着陸の時に折れて落ちたのか、このままで引きずったのか、わからない。一番前のダッシュ校の高さは、ほとんどないので、滑り台のタラップは意味がなかったろうね。

乗客は自力で脱出したということで乗務員も大変なことになっていたと思われる。機長らはどうなったのか心配だね。

日本には安全な新幹線があった良かった。

 

南米ガイアナの首都ジョージタウンの国際空港で30日未明、乗客乗員163人が乗ったカリビアン航空のボーイング737-800型旅客機が着陸に失敗し、機体が二つに割れる事故があった。AP通信によると、約100人が手当を受け、4人が重傷。死者はいない。

引用元: 旅客機が着陸失敗、機体割れる 4人重傷、南米ガイアナ – MSN産経ニュース.

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。