昨日の晩ご飯「鯛飯弁当」

日記


昨日は仕事で東京だったので、帰りはいつものように新幹線で弁当にした。

東京駅の新幹線改札を入ったところの弁当屋に新しいラインナップが出ていたので早速購入。今回は改札の手前のおみやげ物売り場の筋にある、改札内とは別の商品を売っているところもチェックしたがったが時間が余りなかったので、いつもの弁当屋を物色。
春近しで、商品が一部変わっていた。その中でそこそこの量があるものをと見ていると「鯛飯」があった。

どんな感じかも確認せずに、これとお茶を購入、1150円。新幹線に乗って品川を出たところから開けてみる。鯛飯の方には、卵と鯛?の白身をほぐしたものが一面と焼いた風の鯛の身が二きれ乗っかり、風味にエンドウも二きれ。後おかずとして、季節の野菜を煮たものとホタルイカの煮付け、それとなんだっけなゴボウの和え物かな。

さて、早速、鯛飯から食してみた。上に乗っかっていた焼いた鯛は何だかたれの味が大きくて今一かな。本体のご飯とほぐした白身は美味しいですよ。なかなか良いんじゃないですか?季節の野菜はタケノコが硬い~。他のものはまあまあ。ゴボウもまあまあ。ホタルイカは美味しいけれどショウガの味付けはいらなかったかも。まあ、ほとんどが鯛飯にお金がつぎ込まれているのでしょうね。この部分は確かに美味しいです。
という感じかな。