最後の新宿は聘珍樓

日記

今日まで新宿であった。

というか、毎週の前半、東京に来ている。三週連続。内容はトレーニングの受講と検証テストや、デモンストレーション。やっていることは多いが、事前の押さえが足りない。
と、思っていたら、上から、がっつん!!みたいな。
あ~、最近、たるんどるのかなあ~。僕って、仕事のリストアップも出来ない人間だっけ?
ちょっと、落ち込みかけたが、「ま、そんな考え、自分自身でも気づいてきたし」、やることは、決まっているんだし、くよくよしても解決しないし、前向きに頑張ろう。

今日の昼は、新宿住友ビルの54階にある、「聘珍樓(へいちんろう)」でランチをいただいた。前に営業に連れてきてもらったので、二回目。前は、お客さんと一緒だったので、個室だったが、今回は、喫煙も出来る、ひろびろとした空間。いろんなタイプのお客さんが居る。結局、喫煙コーナーだけれど、たばこを吸っていたのは、最後に来た女性だけだった。喫煙人口って確実に減ってるね。

さて、昼のランチは、庶民にはちょいと高い目だが、今日が最後の新宿だから、張り込んでみた。最初に卵スープが登場し、その後、ごはんと中華の漬け物で、あれ?ど忘れ。永谷園にもあるやつね。で、メインディッシュが、四川麻婆豆腐と海鮮サラダ。麻婆豆腐の方は、友人も言っていたが、ちょいと辛すぎでは?辛いの好きな人には良いが。。。ああ、中華食べる人は大丈夫なのかな。とはいえ、ちょいと味の分析が難しくなるほどだった。
それとは別の海鮮サラダは逆に薄味で、このコントラスト、かぎ分けられるのかなあって感じ。こっちは美味しくいただいた。
最後は、イチゴが一つのっかった杏仁豆腐。甘すぎず、これも美味しくいただけた。
あの麻婆豆腐は、夜向けだと思ったなあ。昼だったらもう少し、薄味というか、辛さ控え実でも良いのでは?

さて、関西に戻ろう!