2013
10.15

消されたライセンス

政治

007の様なタイトルにしてみたが、実際には法的に死亡とされている男がサイン版で死亡判定の取り消しを求めて裁判を起こしたが却下され、社会保障番号の復活が出来なかったという話。

数十年前に失踪した男が何故、死亡と判定されたのかが、今回のポイントで、その理由により復活できなかった殴打。

ドナルド・ミラー・Jr.(61)さんは、1980年代に家を逃げ出し、1994年に出された死亡判定をされた。今回、死亡の取り消し判定を裁判所に出したが、まず法的に決定後3年以内でなければ復活は出来なかった。

また、ミラー氏が失踪した理由が前妻によると、「子供の教育費の支払いを滞納し、払えなくなったので姿を隠したのです。1994年にはその延滞分は26000ドルにもなっていました」とのこと。つまり、失踪に対して怒っているわけで家族からの協力も得られなかった。

裁判の判決にも、「逃げ出したのは1980年代のこと。職を失い、アルコール依存症。」と言う印象の悪いことばかりであった。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。