溶けるチーズと溶けないチーズ

チーズ事典―家庭で本格的に楽しめる、ナチュラルチーズのすべて | 村山 重信 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで村山 重信のチーズ事典―家庭で本格的に楽しめる、ナチュラルチーズのすべて。アマゾンならポイント還元本が多数。村山 重信作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またチーズ事典―家庭で本格的に楽しめる、ナチュラルチーズのすべてもアマゾン配送商品なら通常配送無料。

Twitterで、チーズについてのリンクを見つけたよ。

溶けるチーズと溶けないチーズの違い。

共にプロセスチーズと呼ばれる加工チーズ。

薄くてビニールに挟まれていてピーッて剥がして使うやつね。

そもそもチーズは乳製品だから熱で溶けそうだけれど、ゴルゴンゾーラの様な物は熱ではトロリと溶けないらしい。

一方カマンベール系はトロリと溶けて糸を引く。

簡単に言うとこんな風に元々のチーズの性質を利用した物から区別しているようだ。

何か化学を使っているのかと思ったが実に単純であった。

と言うことは味そのものも違うのかと思えば、それはやはり辺りで、溶けないチーズは濃い味、解けるチーズは薄い味、と言うのが簡単な違い。

実際には使われているチーズの味に偏るわけだが大まかにこんな感じ。

溶けないチーズはサンドイッチなどに向いていてチーズの味そのものを楽しむ。

溶けるチーズはピザの時の様に食感と言うかトロリ感を楽しむのが良さそう。

実際そうだしね。


from iPad

コメント

WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com