物理マシンと仮想マシンの性能差

IT・家電

“結果を見ると、仮想マシンは物理マシンに比べて約10%の性能劣化があることが分かります。これは1スレッドでも8スレッドでも同様です。従って、仮想マシンはマルチコアの性能は十二分に発揮できるが、総じて10%の性能劣化があるということになります。”

@IT:実践! Xenで実現するサーバ統合(2)(1/2)

面白い実験をされていたので、クリッピングしておきます。物理マシンと最近有名になりつつある仮想マシン、特に今回は、Linuxでの物理処理と、仮想ソフトウェア「Xen」を利用した性能比較を行っていた。ツールを使っているので、そのツールの傾向に寄るのかもしれないが、10%程度の差で、物理>仮想という結果となっていた。