2016
05.06

癌細胞をお風呂に入ることで死滅させる方法

医療

悪性細胞(=がん細胞)は38度で衰え始め、42度で死滅するんだそうな。

そこで、お風呂に入ることが非常に効果的に悪性細胞を撃退出来ると言われているんだそうです。しかし、42度のお風呂に入っても、体内は42度にはならない。体内が42度なんかになったら、自分自身が衰えてしまう。では、どうするか?

お風呂に入る前に温かい飲み物を飲んでから40〜42度のお風呂に入れば良いそうだ。何故ならば、体内が38度になるから。体内が38度になると、悪性細胞が衰える。そして、その悪性細胞を撃退する免疫細胞が38度で活性化されるのだそうだ。よって、悪性細胞が減るわけです。

  1. お風呂に入る前に温かい飲み物を飲む
  2. 40〜42度のお風呂に入る
  3. 体内温度が38度くらいになる
  4. 体内の免疫細胞が活性化し、悪性細胞が衰え撃退される

以上、お試しあれ。

■癌細胞を死滅させるお風呂の入り方とは? 癌細胞は、、39度で悪性細胞は衰え始め、42度で死滅すると言いました。しかし、お風呂に浸かっても42度まで体温を上昇させていると、身体への負担が大きく逆効果です。免疫細胞が活性する38.5度まで体温を上昇させれば良いのです。これは、意外と簡単にできます。

①全身浴で入浴する事 首と腋下は、血管が太い為、熱が入りやすい箇所です。血液を全身に運び、深部体温を上昇させてくれます。

②入浴前に、炭酸水、もしくは、温かい飲み物を飲む ご参照下さい→食べすぎをなかった事に?「簡単にカロリー消耗させる」裏ワザ!

③お湯の温度は40度~42,3度にする。 この温度で10分間入浴すれば、体温は38度以上までは上がります。(*個人差があります)

③温める効果の高い精油を使用する 私は、ジュニパーとゼラニウムを塩やオイルに入れて入浴しました。 その結果、体温が上昇する時間が短縮されました。 ジュニパー4滴+ゼラニウム3滴

(入浴剤なし)42度のお風呂に10分間で38.5度 (精油入り)42度のお風呂に5分間で38.5度

(情報源: 世界が注目!!「癌細胞を死滅させていた」日本の習慣とは?  日本人のお風呂習慣が?癌細胞を殺す: )

Photo-7.JPG