2016
12.29

糸魚川大火の出火元が「深くおわび」の謝罪文配布

事件, 日記

 出火元の気持ちも、被害に遭った人々の気持ちも、とても深い。写真は今回の大火の中、無傷で残った2008年に過去の地震を踏まえてい頑丈家をい造ってくれ依頼されて建てられた家だそうな。

今回の火事は起こそうと思って起きたものではなく事故だ。だからと言って不幸にあわれた人々の悲しい思いをどこにぶつけて良いのかと途方に暮れる人がいらっしゃることはテレビの取材を見ていてもわかる。

ふるさと納税と言う形で1億円以上の義援金も集まっているとのこと。

この事故を忘れてはならないが、未来にどんな対策がとれるのか。大変だろうけれど考えて、実現しなければならないと思う。

九州の、中国地方の、関西の地震も忘れてはならない。

新潟県糸魚川市の大規模火災で、出火元の中華料理店が28日までに、新聞各紙の折り込み – Yahoo!ニュース(時事通信)

情報源: 出火元「深くおわび」=住民に謝罪文配布―糸魚川大火(時事通信) – Yahoo!ニュース