2013
03.13

ましてや日本以外にも花粉症は存在する

未分類

 既に花粉症の時期は相当過ぎておりまっただ中だが、友人が、シンガポールに逃げれば花粉症にならないというので、チョット調べてみた。実は、シンガポールにもアメリカにも花粉症は存在する。ただ、それに気づかないというか、その花粉が自分にとって問題ないからだ。花粉症になってしまうかどうか、要は、何に対してアレルギーがあるかで決まるので、有名な「杉花粉」以外でも、花粉症には十分なるし、気をつけなければいけない。

NewImage

 「杉花粉」以外にも、花粉症の原因となる花粉の種類が多く存在するのは、皆さんもご存じだろう。

日本の主な季節毎の花粉の種類

  • スギ(2~4月)北海道を除く全国
  • ヒノキ(3~5月) 関東以南
  • ネズ(4~5月) 北海道を除く全国
  • シラカンバ(4~5月) 関東以北
  • ハンノキ(1~6月) 全国
  • オオバヤシャブシ(3~4月) 関東
  • コナラ(4~5月) 全国
  • リンゴ(4~5月) 主に東北

  • カモガヤ(4~7月) 全国
  • オオアサガエリ(4~7月) 全国
  • ハルガヤ(4~7月) 全国
  • ホソムギ(4~7月) 全国 
  • スズメノカタビラ(3~5月) 全国
  • スズメノテッポウ(3~5月) 全国

  • ヨモギ(8~9月) 全国
  • ブタクサ(8~10月) 全国
  • オオブタクサ(8~10月) 北海道を除く全国
  • カナムグラ(8~10月) 全国
  • ヒメスイバ(5~6月) 全国
  • ギシギシ(5~8月) 全国
  • カラムシ(9~10月) 北海道を除く全国

基本無し

 そして海外

 さて、友人に海外逃亡を聞き、「シンガポール」と言うことだ。シンガポールには花粉症は無いのかと、ググってみると、確かに花粉症は無いというのが多くの意見だった。が、しかし海外といえども花粉は舞うでしょう?だから、シンガポールにだって花粉症はあるだろうと更に泳いでみた。その結果、実はシンガポールでも花粉は舞うのである。それは、「マンゴー」。花粉症と言うよりは、マンゴーを食べることでのアレルギー症状のケースが多いようですけれどね。マンゴーの花の花粉で症状の出る人も居るようです。他にもシンガポールだと、ココナッツの花粉や、それ以外には湿気がかなりあるので「カビ」、土ぼこりによる花粉症に似た症状が出る場合もあるらしい。

 シンガポールを含む、東南アジアには、花粉症は無いと言われているので、今回特にググってみたのだが、それ以外の海外地域では基本的に花粉症は存在する。

以下は、

世界三大花粉症と世界の花粉飛散カレンダー トリップアドバイザーのインフォグラフィックスで世界の旅が見える: “世界三大花粉症と世界の花粉飛散カレンダー”

から引用した。
NewImage

 アメリカでは、「ブタクサ」が1900年頃から猛威をふるっているらしい。アメリカでは5~15% の人が、かかっていると言われる。日本でも「マッカーサーの置き土産」と呼ばれて一時期問題となったが、土地開発による 空き地の激減 などで、花粉飛散数が減り、発症率も低くなったようだ。

 ヨーロッパでは、イネ科の花粉症が多い。広大な面積の家畜の肥料として欠かせないイネ科の牧草 カモガヤ が原因だそうだ。