角膜に「前駆細胞」が発見され傷ついた視力回復に期待

未分類

人間の目の角膜(黒目)に「前駆細胞」と呼ばれる未分化の細胞があることを、東大病院の山上聡(さとる)助教授らの研究チームが発見し、米眼科専門誌(電子版)で発表した。
 これまで不可能だった角膜の深い部分の傷を修復し、視力を取り戻す新しい治療法の開発が期待される。

 人間の角膜のうち黒目部分は一度傷が付くと回復できないそうだ。しかし今回の発見で、それの修復手術が可能になるかもしれないと言うことだ。では、この先いつ頃と言うことは明言されていないが、期待しましょう。これって、僕なんかはデイリーで交換するコンタクトレンズを使っているのでその際に傷を少し筒付けているのではないかと、気にはなっていた。
 僕としては、良く聞く網膜剥離という病気に対しての回復技術を開発してもらいたい。