2017
02.17

謎のプレミアムフライデー/経済産業省

政治, 生活と文化

今年2017年2月24日から始まる、「プレミアム・フライデー」。経済産業省がリードしているとは思えないネーミング。逆に政府だからこのセンスなのか?ロゴまで完成している。2016年年末に発足した協議会。イマイチ浸透していないと判断したのか急遽盛り上げ体制。

一体何?

個人が幸せや楽しさを感じられる体験(買物や家族との外食、観光等)や、そのための時間の創出を促すことで、

(1) 充実感・満足感を実感できる生活スタイルの変革への機会になる

(2) 地域等のコミュニティ機能強化や一体感の醸成につながる

(3)(単なる安売りではなく)デフレ的傾向を変えていくきっかけとなる

といった効果につなげていく取組です。

官民で連携し、全国的・継続的な取組となるよう、この取組を推進するための「プレミアムフライデー推進協議会」が設立されました。本日、第1回会合が開催され、実施方針・ロゴマーク等が決定しました。また、本取り組みを進めるに当たっては、働き方改革などライフスタイルの変革ともあわせて推進してまいります。

と言うことで、目的として掲げる言葉とは裏腹に実際には個人消費をもっと促そうと言うものでしょう。どうなん?中途半端に早く終わったら、早く家に帰ろうって事にならないのかな?こう言うのって突然始まるよね。国民投票じゃないけれど、「こんなのあったら嬉しい?」の確認が僕にあっても良いのではなかろうか、と思ってしまう。

一カ月の最後の金曜日だけって忘れちゃいそう。来年にも継続されているのかなあ?心配。

プレミアムフライデーの実施に向け、官民連携の「プレミアムフライデー推進協議会」が設立されました。本日(12月12日)、第1回協議会が開催され、実施方針・統一ロゴマーク等が決定されました。

情報源: プレミアムフライデーの実施方針・ロゴマークが決定しました(METI/経済産業省)