阪急百貨店が梅田本店を売り場面積広げる建て替えへ

阪急百貨店は10日、JR大阪駅前の梅田本店(大阪市北区)を建て替える方針を明らかにした。
 詳細な規模やスケジュールは決まっていないが、単独店舗としては売り場面積が国内最大級の約8万平方メートルクラスになる見通し。

大阪市の容積率の緩和を受けることを前提に売り場面積を広げる計画だ。大阪の梅田では新規に三越も参入することが予定されている。
現在のあの風格のあるイメージは大切にして欲しいですね。

コメント