陸上100mで世界記録更新、9秒77

スポーツ

スポニチ Sponichi Annex ニュース スポーツ

陸上の国際陸連スーパーGP第3戦は14日、ギリシャ・アテネの五輪スタジアムで行われ、男子百メートルでアサファ・パウエル(22=ジャマイカ)が9秒77の世界新記録で優勝した。従来の記録は02年にティム・モンゴメリー(米国)がマークした9秒78。本格的に陸上を始めて4年目の新星が、薬物疑惑に揺れ、スター誕生が待たれていた男子短距離界の主役に躍り出た。

 一体、記録はどこまで伸びるんだろうな。100m走って、限界に近づいている気がするんだけれど、9秒台の壁を破るなんて時代が通常の肉体改善だけで実現できるのだろうか。なにか、これ以上は肉体的に無理です!っていう解凍がない限り、続けられるのだろうけれど、本当はこれ以上は絶対に記録が出ないっていう証明なんて出来ないのだろうな(とんでもない数値を除いて)。だから、ずっとずっとチャレンジしていくのでしょうね。