音楽をネットだけの販売への動き

テレビ・芸能

 新譜に関してはスカパー!などでプロモーションを観て、本当に気に入ったらCDを購入。それもネットで購入している。そのネットでの購入がCDではなくて、デジタルデータになっても僕にとってはそろそろ違和感はない。昔であれば、ジャケットや特典、ライナーノーツを読む楽しみもあったが、狭い部屋にそれらを置いていくのも嫌になってきた。どのみち聴くのはステレオではなくて、iPodだし。
 というわけで、ネットだけでの販売は歓迎します。値段も安くなるだろうし、リリースの時期も早くなる。デメリットとしてはバックアップは自分で取ることになるが、それを忘れたり、バックアップを取る前にパソコンが飛んでしまったら困ると言うことか。しかし、CD-ROMやDVD-Rにバックアップを取るのも面倒になっている。

asahi.com: 新曲はCD出さずに、ネットで配信 – 文化・芸能

楽曲をデータ化して携帯音楽プレーヤーなどで楽しむファンが増えるにつれ、CDで発売せずにネットだけで新曲を発表する動きが出てきた。CDに比べて収録してから素早く配信できるうえ、ジャケット制作や流通のコストを削減できるのが利点だ。今後この流れが本格化すれば、CD離れを促す可能性がある。