2016
04.25

食べられるスプーン

環境

世には、紙の皿とかエコを追求した、環境に優しい製品を考える人がいる。日本では割り箸なんだろうけれど、何と食べられるスプーンを開発したインドの方がいる。穀物の粉を固めて作ったスプーンだ。最後に食べるかどうかは別としてプラスティックのスプーンに比べてればエコだね。

食べらルと言う事は使い捨て。日本でも使い捨てのスプーンだとプラスティックや木製の物があるね。海外では土に返らないプラスチック製が多いようだね。スプーンに限った材質の資料は見つけられなかったけれど、プラスチック製品の場合、捨てられてしまうケースも多いのだろうね。

その問題にインドの「Bakey’s」は、1つの解決策を提示する。なんと米など穀物の粉で作られた、食べられるスプーンだ。環境に優しく、プラスチックスプーンのように低価格。また、食べるものの味を変えることはない。

情報源: 「食べられるスプーン」が放つ人類へのメッセージ | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
スクリーンショット 2016-04-24 21.30.41.png